• ホーム
  • 愛犬の話
  • 愛犬の血液検査結果/私と同じくヘモグロビンの数値が悪く要再検査

愛犬の血液検査結果/私と同じくヘモグロビンの数値が悪く要再検査

愛犬の話
この記事は約 3 分で読めます

毎年この時期なるとハガキが来るので気が付く、飼い犬の定期健診。
我が家の犬の場合は、毎年1度の割合でしています。

 

今回も、問診やレントゲン、事前に用意していく尿や便検査など順調に終了し、先生には「歯なども年齢よりもキレイだし関節なども問題ないです。」と言われ理想的に終了しました。
しかし、血液検査だけは、外注に出しているので後日に結果はわかることとなっています。

 

後日、かかりつけの獣医師さんより電話が有ったのですが、結果からいうとあまり思わしくなくなかったのです。
その血液検査結果についてまとめてみます。

愛犬の血液検査結果は要再検査

IDEXX 血液検査

 

かかりつけの先生は律儀な人で、常になにかあると電話をくれるので、突然『血液検査の件』で電話が掛ってきた時は多少不安になりました。
電話の内容は、「若干ヘモグロビンや血小板の数値が悪いので、体のどこかで出血しているかもしれない」とのことでした。
普段の散歩でもウンチなどに変わった様子はなかったですが、後日詳しく検査してみましょうとのことでした。

 

検査は、平日の空いた時間に予約が必要だったのでまた後日することになったのですが、先日近くを通ったついでに、IDEXX(アイデックス ラボラトリーズ株式会社)という会社からの血液検査の結果をもらいに行ったついでに表を見ながら説明してもらいました。

 

 

IDEXXの血液化学検査結果

IDEXX-血液化学検査
(見たい方はクリックすると拡大します。)

去年は、腎臓機能の値が悪かったのですが改善されていました。

 

特に去年は私が入院していたのもありますが、ストレスや運動不足が原因と言われた、グルコース(GLU)という値がオーバーしていました。
いわゆる血糖値が高い状態です。

 

あとは、尿素窒素(BUN)が高く、小型犬に多い『僧帽弁閉鎖不全症』予備軍だと言われていましたが改善されていました。
(まだ若干高いそうですが…)

 

その他、肝臓の指数らしい、アラニントランスフェラーゼ(ALT)アルカリフォスファターゼ(ALP)も前回は多少高かったのですが改善されていました。

 

総コレステロール値(Tcho)も良好で、概ね健康状態ということでした。
多分ですが、私の付き合いで散歩の量が倍ほど増えたのも、全体的に数値が良くなった要因だと思います。

 

IDEXXの完全血球計算

では、問題の血液中の細胞数で分かる数値。

IDEXX-完全血球計算2019-1
(見たい方はクリックすると拡大します。)
 

赤血球数(RBC)、ヘマトクリット値(HCT)、ヘモグロビン濃度(Hgb)、下の方にある血小板数(PLT)ともに数値が基準値よりも低くなってしまっています。

 

これは、貧血の状態になっているということで、可能性としては体のどこかから出血していることが考えられますが、大きな病気が隠れている可能性もあるそうです。
ですので、貧血状態の原因を突き止めることが必要になります。

 

 

私の直近の血液検査結果との比較

血液検査結果201904

 

この上記の数値は、私がこの前の外来検診でした血液検査の結果です。
ヘモグロビンやヘマトクリット、MCV(平均赤血球容積)、MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)などの数値の横にL(低)が付いています。

 

私の場合は、すでに理由は判明しています。
私の大腸にはホリープがります。
『大腸ホリープ』というと、わりと有名なワードですよね。
大腸内視鏡検査を入院中にして、良性ですが1センチほどの大きな『大腸ホリープ』があり、切除しなければ将来癌化することもあり、出血も治らないのです。
それが今でもたまに出血するのだと思います。

 

犬の性格は飼い主に似る』といいますが、病気も似るものなのですね(笑)

 

大腸検査の様子は、以前このブログでも伝えました。
もっと詳しく知りたい方はこちらに詳しく書いています。

 

 

人間も犬も大事なのは早期発見と早期治療

 

我が家の飼い犬も、大きな病気もなく今年で8才になりました。
小型犬の場合は人間の年齢でいうと、最初の2年で20歳、以降1年に4歳ずつ年を取る計算だと(20+4×6)44歳となります。
かかりつけの先生からも、定期診断を年2回にするように勧められています。
シニア期(中年)になると、「早期発見」と「早期治療」が長生きさせる一番の秘訣です。
その辺は、人間と一緒ですよね。

 

来月早々に予約を取ったので「早期発見」できた貧血の原因を「早期治療」してもらいに行ってきます。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント

お名前

メールアドレス ※公開されません

サイトアドレス

トラックバック
トラックバックURL