今年最後であろう循環器外来へ/心房細動が根治したかもしれない

療養生活の話
この記事は約 3 分で読めます
今年最後であろう循環器外来へ行ってきた

(画像はイメージです。)

 

昨日、定期検診のため久々に循環器外来へ行ってきた。

 

前回からは約2ヶ月ぶりになる。

 

早いもので、急性心筋梗塞の退院から、もう半年が過ぎようとしている。
しかも、もう少しで今年も平成も終わろうとしている。とオッサンらしいことを思ってしまう。

カテーテルアブレーション治療、術後の経過などを聞く

アブレーション治療、術後の経過などを聞く

 

この日は、全国的に今シーズン一番の寒気が入り込んだ影響で、すこぶる寒さだった。

 

冷え込んだせいなのか、師走だからなのか、病院はいつも以上に外来患者がごった返していた。
けれども、もう何回も通っているせいか、大きい病院の外来はこんなもんだと感じるようになっていました。

 

 

いつもと同じように、診察前に採血とレントゲンと心電図検査を受け、スマホいじりながら待合室で待っていた。

 

この日は、循環器外来が終わる時間に心臓リハビリテーション(心リハ)を入れていた。

 

病院内の心リハと近所のスポーツセンターへは、両方とも概ね週一で通っている。

 

それ以外の有酸素運動も積極的に行うようにしている。

 

リハビリのお蔭か、心臓に関しては、退院後の9月に心房細動を根治するために、カテーテルアブレーション治療を受けたが経過は順調のように思う。

 

 

カテーテルアブレーション治療前に時々感じていた、不整脈と思われるドキドキも感じることはなくなった。
というか、そのこと自体を考えることがなくなったというほうが正しいのかもしれない。

 

 

カテアブ治療後は心房細動の発病はゼロ

外来患者がごった返している割には、意外に早く私の番号が呼ばれた。

 

おそらくだが、ごった返している診察待ちの人の多くは予約なしの再診なのかなと思った。

 

「お久しぶりです」の挨拶をして着席すると、先生がスマホをいじっていた。

 

何をしているのかと思っていると、スマホの画面を私に見せながら

 

先生
先生

○○さんに埋め込んであるICDのデータをみている。

これ見るとわかるけど、カテーテルアブレーション治療以降一度も心房細動を起こしてないよ。

と、グラフがあらわれなくなった箇所を指差しながらいわれた。

私の自宅に設置してある、マイケアリンクという遠隔モニタリング装置からの蓄積データをスマホに呼び込んで、私に見せてくれていたのだった。

 

 

私「では、根治したってことですか?」

 

先生
先生

正確にはカテーテルでみてみないと何とも言えないけど、再発していないといっていいかもね。
プラザキサカプセルも、もう少し様子見で止めれるかもしれないね。

 

と、とてもうれしいことをいわれた。

 

その後、先生がレントゲンを私に見せながら、

とても心臓が小さくなった。

 

血液検査での結果をモニタで見せながら

NT-proBNP値も110ほどで落ち着いている。

と伝えられた。

 

NT-proBNP値に関しては、一時700台だった時に訪れた外来時に多少学習していたので、100を切らないとまずいのではないかと、先生に聞いてみた。

 

 

先生
先生

健常者の数値は大抵50を切っています。
でもこの数値は人によっても違いますし、○○さんの正常値はおそらくこの辺りの数値だと思います。
まったく心配することじゃないですよ。

 

と、微妙な言われ方で納得させられた。

 

この後は、心臓リハビリテーションで自転車漕ぎなどのいつもどおりのリハビリ。
いつもの心リハ指導士の方に心房細動が根治したかもしれない旨を伝えると、大げさに喜んでいただけました。

 

 

今年最後の外来を終えて

なんといっても心房細動が根治したかもしれないことが、久々の嬉しい出来事でした。

 

心臓病は、ストレスが天敵と言われています。
今後も、なるべく穏やかに過ごすように心がけていこうと思います。

 

次回の循環器内科は、来年の2月。
その時には、心臓エコーもやる予定。

 

3度目の、心肺運動負荷試験(CPX)もその頃に予定されている。

 

考えてみたら、私は急性心筋梗塞で心不全になり入院したわけで、不整脈は根本的な原因ではないんですよね。
NT-proBNP値も、その数値より良くならないなら、それ以上悪くならないように日々過ごさないといけないと、改めて思いました。

 

それと、最近特に思うようになりましたが、私が服用している薬の中に、腎臓に作用してむくみを取ったり、身体にたまった余分な水分を排出する薬を2種類あります。
この薬を飲んでいるためか、朝、薬を飲むと3時間ほどの間、多いときは15分に一度ほど尿意をもよおします。
家にいるときは別に良いのですが、外出して電車に乗っているときなど途中下車まではなりませんが大変な我慢を強いられるときがあります…。

 

最後に、今回の外来は、薬もたっぷりもらったので、〆て3割負担分で55,000円ほどになりましたとさ(゚д゚;)

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント

お名前

メールアドレス ※公開されません

サイトアドレス

トラックバック
トラックバックURL