2度目の心肺運動負荷試験(CPX)で現在の心肺機能や運動能力を知る

療養生活の話 - 有酸素運動の話 - 療養生活の話
この記事は約 2 分で読めます

早いもので、クラクラするほどの暑さの中での退院から3か月ほど経ちました。

 

退院してからも不整脈連発やアブレーションのための再入院などいろいろとありました。

今回は、2回目の心肺運動負荷試験(CPX)の検査です。

2回目の心肺運動負荷試験(CPX)を受ける

 

朝の散歩や病院の心リハと並行して、近所のスポーツセンターでも週一でエアロバイク等の運動をしているので、前回よりは数値は良くなっているだろうと思いながら、ジャージ姿で颯爽とチャリに跨り病院へ向かったw

 

心臓リハビリテーションには、もう何回も来ているし、心肺運動負荷試験も2回目。

(一応3回はする予定)

 

 

前回と同じ検査技師さんから簡単な説明を受け、死亡することもある…の承諾書にサインする。

 

 

上半身裸になり、心電図や血圧計を付け、エルゴメーターに跨ります。

 

呼気ガスマスクを装着して準備万端です。

 

検査技師
検査技師

前回は、8分だったので10分頑張りましょう。

限界を感じたら、右手を上げて合図して下さいね。

といわれ、5分間の負荷無しから検査スタート。

 

1分刻みで、徐々に負荷がかかってくる。

 

心リハでも近所のスポーツセンターでも、エアロバイクを30分漕いでるからか、前回より軽やかに感じる。

 

しかし、徐々にエアロバイクでは、感じ得ないほどの負荷がかかりはじめ、限界が近いと感じてくる。

 

そして、12分過ぎたあたりで限界を感じ、右手を上げた。

 

 

今回も臨床検査技師さんが、ボルグ指数という表を指しながら、

画像は、心筋梗塞二次予防に関するガイドラインより引用

 

検査技師
検査技師

最初、負荷がかかった時って番号でいうとどれくらいでした?

最後、右手を上げた時って番号でいうとどれくらいでしたか?

と、前回と同じ質問をされ、息を切らしながら、「7番と18か19番」と答えた。

 

 

2度目のCPXの結果は概ね順調

 

心地よい疲労感を感じながら、センサ類を外され、リハ担当先生のご意見待ち。

 

医師
医師

数値が非常に良くなった。

前回の無理してる感じも無くなった。

心臓の動きにブレもなく、とてもスムーズに負荷がかかっていました。

と、前回とは違い褒められました。

 
続けて、グラフを見せてもらいながら説明されます。

 

 

医師
医師

青いグラフが脈拍、黒いグラフが酸素を取り込んだ量だけど、とてもスムーズに取り込んでるのが分かるよね。

長い入院でしたがとても順調にきています。

この調子で頑張りましょう。

 

と、続けざまにお褒めの言葉を頂いた。

 

褒められると年を取っても嬉しいものです(*^^*)

 

 

その後、少し休憩して、心リハ指導士の方と検査結果について雑談。

 

 

  • METS/AT

    2.32→3.73METS

    無酸素運動に切り替わるメッツ値

  •  

  • METS/peak

    4.97→6.87METS

    試験中に記録された最大メッツ値

  •  

  • AT V02/W 基準値に対する%

    50%→81%

    同年代健常者100%に対し何%か?

  •  

  • 心拍数/AT

    95→108bpm

    ここまで頑張ってもいい心拍数。

 

心リハ指導士さん
心リハ指導士さん

メッツ値も上がり、すべての数値がすごく順調です。

次回からエアロバイクの定脈拍の数値は108でセットですね。

次回のCPXは、来年早々だと思うので、まだまだリハビリ頑張りましょうね。

といわれ、2度目の心肺運動負荷試験(CPX)は終了した。

 

心拍数108bpm以下

一回30分

 

 

※メッツとは、身体活動能力を示す値です。

(運動時の酸素消費量が、安静時の何倍に相当するか示す運動強度の単位)

 

 

洗濯物を手で絞れるまでに回復しましたw

どうかこの先も順調のままでお願いします。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント

お名前

メールアドレス ※公開されません

サイトアドレス

トラックバック
トラックバックURL